白漢しろ彩 男性

白漢しろ彩|男性からは酷評の嵐?被害者リサーチすると

 

しろ彩匂い

 

白漢しろ彩の公式サイトを見ると明らかに女性向けの作りですよね。

 

ただ、赤ら顔で困っている男性もいるし、白漢しろ彩を使っている男性もいらっしゃいます。

 

結論から言うと、白漢しろ彩は女性だけでなく男性にも効果があります。

 

ただ、そんなこと言われてもイマイチ信頼できないと思うので、実際に使用した男性の口コミをご紹介いたします。

 

白漢しろ彩を使った男性の口コミ

 

真っ赤な部分が減った

 

白漢しろ彩を一週間くらい使っています。

 

使った感想ですが、寒いところやお風呂上がりでの顔の赤みが減り、ピンク色になってきました。

 

徐々に効いているのかもしれません。

 

長期間使わないとはっきりとした効果は分からないので引き続き使いたいと思います。

 

40代 男性

 

白漢しろ彩の口コミを見ると、やはり女性のほうが圧倒的に多く、男性の口コミは少数でした。

 

ただ、男性も女性同様に赤ら顔になるし、女性と同じように白漢しろ彩は効果を発揮します。

 

男性が赤ら顔になりやすい理由としろ彩の効果

 

しろ彩男性

 

男性は女性に比べて赤ら顔になりやすいと言われています。

 

  • 付き合いでお酒を飲むことが多い
  • 男性のほうが皮脂分泌が多い
  • スキンケアの習慣がない

 

付き合いでお酒を飲むことが多い

 

男性の場合、仕事の付き合いでお酒を飲まれる方は多いと思います。

 

アルコールを飲むと毛細血管が広がって血液の量が増加しますよね。

 

結果として血液は赤いので、赤ら顔になります。

 

これが一時的な現象ならそれほど問題ないのですが、アルコールや刺激が強い香辛料を日常的に摂取していると恒常的に赤ら顔になる可能性が高まります。

 

男性のほうが皮脂分泌が多い

 

男性は女性に比べて皮脂分泌が多いことに加えて、30代に皮脂分泌の量がピークに達します。

 

そして、60歳近くまで皮脂の分泌量が減ることはなく継続します。

 

脂ぎった中年男性が多いのはこのためです。

 

脂性肌の場合、脂漏性皮膚炎になりやすいですし、アクネ菌が増殖すれば赤ニキビになってしまいます。

 

スキンケアの習慣がない

 

男性は女性に比べてスキンケアの習慣がなく、朝の洗顔だけで済ませている方も多いのではないでしょうか。

 

肌が保湿されず、乾燥肌になるとバリア機能が低下しターンオーバーも乱れてしまいます。

 

バリア機能が低下すると外的刺激に弱くなり炎症が起こりやすくなります。

 

白漢しろ彩は男性にも最適な理由

 

しろ彩男性

 

白漢しろ彩の公式サイトを見ると、明らかに女性向けの化粧水のように感じてしまいますよね。

 

ですが、ご紹介したように男性は赤ら顔になりやすいですし、口コミは少ないですが、男性の使用者もいらっしゃいます。

 

白漢しろ彩は刺激の強い成分を一切使っていないのでひげ剃り後の敏感な状態でも何ら問題なく使用できます。

 

白漢しろ彩男性